多肉植物とは

プニプ二、コロンとした姿が可愛い多肉植物。その肉厚の葉や茎には

たくさんの水分が蓄えられています。自生地での厳しい環境の中でも

生き抜いてきた進化の証しです。乾燥した土地で育つ種類が多いため

水が要らないと思われがちですが実は水自体は大好きな植物です。

水が少ない環境でも生きていけるような体を持っているだけです。


育てる環境は

基本は日当りと風通しです。直射日光の当たらない屋外の明るく風通しのよい

場所が理想です。日本には四季があるので季節により場所は変えていきましょう。

夏は直射日光は必ず避ける。冬は霜に当てないようにしましょう。

室内で育てる場合は出来るだけ風通しのよい場所で育てましょう。

日当りが悪いと徒長の原因になります。

冬は直接エアコンの風が当たらないようにしてください。

多肉植物はその生育スタイルでタイプが別れています。タイプに応じて管理してあげましょう。


タイプ別多肉植物の育て方

春秋型

春と秋に生長が活発になるため「春秋型」と呼びます。
10℃~25℃の過ごしやすい季節によく生長します。夏、冬は休眠期になります。


主な品種

エケベリア/セダム/ハオルチア/セネキオ/センペルビウム/パキフィツム/ガステリア/

クラッスラ/グラプトペタルム/ガステリア/アドロミスクス/オロスタキスなど


多肉サイクル春秋

春秋型のポイント

成長期は土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりとお水を与えます。

鉢の中の空気も入れ替わり根腐れを防ぎます。日当りと風通しの良い場所で育てましょう。

休眠期は土が乾いたら軽く湿らせる程度に与えます。やり過ぎは根腐れの原因になります。


夏型

夏型は春から秋にかけて生長し、比較的夏の暑さに強く、冬に休眠します。

熱帯に自生していたものが多く日光を好みます。


主な品種

サボテン/アロエ/アガベ/ユーフォルビア/カランコエ/パキフィツム/コチレドン/アボニア/アデニウムなど

多肉サイクル夏


夏型のポイント

成長期は土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりとお水を与えます。

鉢の中の空気も入れ替わり根腐れを防ぎます。日当りと風通しの良い場所で育てましょう。

休眠期は土が乾いたら軽く湿らせる程度に与えます。やり過ぎは根腐れの原因になります。

屋外で育てる場合は梅雨時期の長雨や蒸れにも注意してください。

冬の水やりは1ヶ月に1回にするか切ってしまっても構いません。


冬型

冬型種は暑さと直射日光に弱い特徴があるため、通年遮光をした明るい日陰で育ててください。

冬型種は元々高山地帯に自生しているため日本の酷暑が苦手です。夏越しには気を使いますが

植物と鉢の温度を出来るだけ下げる、風を当てるなど工夫してみてください。

主な品種

アエオニウム/セネキオ/コノフィツム/リトープス/ダドレア/フォーカリアなど

多肉サイクル冬


冬型のポイント

生育適温5~20度です。5月頃から休眠、9月から翌年6月頃までが成長期です。

他の種類に比べて寒さに強い半面、暑さにはとても弱いです。

成長期はたっぷりお水を与えてください。休眠期になる夏はできるだけ水やりは控えます。

土が完全に乾いたら湿らせる程度に与えて下さい。日本の高温は苦手なので通風を良くして

鉢のまわりの温度を下げる工夫をしてあげてください。

 

このように多肉植物は生育タイプによって育て方が変わります。ただ難しく考えなくても大丈夫です。

環境でいえば人間が嫌な環境は植物も嫌ですし、ごはん(肥料)の食べ過ぎや飲み過ぎも健康を乱す原因になります。

自分に置き換えて植物の気持ちになってみてください。

特に多肉植物の場合は水のやりすぎと逆に水やりを忘れる事だけは注意してください。